トップ

埋没法失敗の対策

埋没法の失敗の一つ糸露出とは

埋没法の失敗例やトラブル

一重瞼に生まれた人にとって、くっきり二重のパッチリとした目は憧れですよね。最近では、割と安価で、日帰りでできる美容整形もあり、一重の人が二重にするハードルはだいぶ低くなってきています。

ですが、安価で手軽できるからこそ、軽い気持ちでやって、失敗されてしまうという例も
多くあるようです。気軽にできる二重整形では「埋没法」が有名ですが、その埋没法による失敗例やトラブルをいくつかご紹介します。

・埋没法、手術後の失敗例、トラブルとは
美容外科を訪れる方は、みなさんが今よりももっと綺麗に、自分の理想に近づきたいと願ってクリニックを訪れます。しかし、埋没法はあくまで手術ですので、デメリットもつきものです。メリットだけでなくデメリットも知った上で、担当医とよく相談してから施術を受けることをおすすめします。

「ケース1」
埋没法の手術後、腫れやむくみが落ち着いた時点で瞼を閉じると、上瞼の表面にくぼみや皮膚の盛り上がりが見られる。

これは、二重瞼を作るために縫合した糸(ポリプロピレン糸)の結び目が、埋没されずに皮膚表面に出てきてしまっていることが考えられます。逆に上瞼の裏側に結び目が飛び出てしまうと、チクチクと眼球に刺さるような痛みを感じ、放っておくと眼球に傷をつけてしまうことがあります。

「ケース2」
二重瞼の幅が安定していない、左右対称でない、狭すぎる、広すぎて違和感があるなど、芸能人の○○さんのような目元になりたい!できるだけ幅を広くしてくっきりした二重にしたい!
でもちょっと待ってください。それが可能かどうか、まずは医師と相談しましょう。

例えば瞼の上の脂肪が厚く腫れぼったい方が埋没法を行った場合、糸は非常に取れやすく、二重のラインも安定しづらい傾向にあります。
また、弛みがある方はその弛みの部分を取り除かないと、二重のラインに弛んだ皮膚が被ってしまい、綺麗なラインはでません。もともとの目の形や状態は人によってそれぞれですので、まずは自分の希望をしっかりと担当医に伝え、理想に近づけていける手術方法を選びましょう。